本文へ移動

プレハブBlog

プレハブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

人馬一体

2019-04-17
おはようございます。
4月17日になりました。
 
本日のテーマは「人馬一体」(職場の教養4月号20ページ)
 
動物たちの力を借りて、困難を乗り越えてきた人類の歴史。
それは「伝統」という言葉で表現され
一部の祭りで動物も参加していますね。
熊本でも八代の妙見祭、熊本市の藤崎宮例大祭などで馬を引くのも、その表れの一つでしょう。
 
そういえば昨年は藤崎宮例大祭での馬への扱いが話題になりました。
それぞれの立場の言い分があるでしょう。
 
その結論は横においておきます。
 
私が思うのは、
祭りに馬が参加することの意味。
これをどうとらえているのかということです。
 
祭りは「伝統と神仏への感謝をささげるもの」
ではないでしょうか。
神仏だけでなく「今」にたどり着いたことを
先人や共存してきた動物、植物、自然に感謝するものではないでしょうか。
 
それらを意識したうえでの祭りであるということを各人が持てば
祭りの場で争いがおこるということはなくなるのではないかと思います。
 
今日の心がけ
「様々なものの働きに感謝しましょう」
 
追伸
twitterでも更新をお伝えしています。
フォローよろしくお願い致します。
 
<ブログ担当 田中秀明>
 

トイレの張り紙

2019-04-16
こんにちは。
4月16日になりました。
 
本日のテーマは「トイレの張り紙」(職場の教養4月号19ページ)
 
ウイットに富んだ言葉で行動を促す。
この考え方、私は大好きです。
記事は教育担当者が若手の社員育成に関してのものなんですが
ウイット、笑いというのは社会の潤滑油であり
強いメッセージをもつものだと思います。
政治的なものにしてもそう。
古いですがイギリスならモンティ・パイソンが
アメリカならSNL(サタデーナイトライブ)が
政治的なメッセージを笑いに変換して多くの大衆にも届くように表現しています。
これは今見ても面白いものがあります。
すごいことです。
(ちなみにSNLは今も放送されています)
笑いは国も世代もこえます。
日本の落語は時代を超えて受け入れられ、再ブームになっています。
 
今は海外から研修生を受け入れている企業も多いこと思います。
弊社もそうです。
ベトナムからきている研修生が5人います。
彼らに伝える際も、私は頭ごなしではなく
ウイット、ユーモアを心がけています。
それは私自身の海外経験がそうさせているのかもしれません。
「伝えたい気持ちは言葉を超えて伝わる」
のです。
押し付けるのではなく、理解されるように伝える。
そこに信頼関係が生まれ、義理人情が生まれ、絆が強くなる。
そうすることで会社が、社会が、世界が良くなっていく。
私はそう信じています。
 
今日の心がけ
「その気にさせる伝え方を工夫しましょう」
 
 
追伸
twitterなら更新がすぐにわかります。
フォローよろしくお願い致します。
 
<ブログ担当 田中秀明>

運が人を選ぶ

2019-04-15
こんにちは。
4月15日、月曜日になりました。
 
本日のテーマは「運が人を選ぶ」(職場の教養4月号18ページ)
 
職場の教養に桜井章一氏の名前が出ていてびっくりしました。
私は運を大事にするので、氏の著作も読んだことがあります。
ドクターコパさんも同じく。
運を大切にする方々は、敏感に鋭敏に、運の流れを大事にします。
運は人間が推し量れないものです。
運をつかむ権利は平等に与えられています。
しかし、その運を感じ取り、つかむことができるか否かは個人にかかっています。
ただ待つだけでは、これらはつかめません。
しかし、チャンスをつかむためのキッカケはなんらかの形で訪れてきます。
 
それが、ひらめきであるかもしれませんし
会話の中での何気ない相手の発言かもしれません。
 
運をつかむのに大事なのは、
チャンスの神様の前髪をつかむタイミングに気づくことと
それを行動に移す実践力ではないでしょうか。
 
今日の心がけ
「変化を敏感にとらえましょう」
 
ブログ担当 田中秀明
 

ちょっとしたコツ

2019-04-13
こんにちは。
4月13日、土曜日になりました。
 
本日のテーマは「ちょっとしたコツ」(職場の教養4月号16ページ)
 
自己流というのは、時に、他者からの意見を素直に聞けなくなってしまう事があります。
「岡目八目」なんて言葉がございまして
やっている自分自身よりも、それを見ている人間の方が
物事が見えている場合がございます。
 
自己流であるからこそ、自分はまちがっているわけがない。
むしろこの世の中が間違っているんだ
なんて思うこともあるかもしれません。
そんな時に、横で見ていただけの人間が
「こうじゃないんですか」
なんて正解をだしたとしても
自己流に凝り固まってしまったときには
素直に聞けなくなってしまうこともあるでしょう。
 
自己流を高めるためのアップデートが
他者からの意見である
という視点で考えてみると
自己流というアイデンティティは保たれ
かつ、意見をしてくださった方も「言った甲斐があったな」と喜んでくれ
なおかつ、結果も出せる。
 
三方一両損ならぬ、三方一両得になるんじゃないでしょうか。
 
今日の心がけ
「人の話をしっかりききましょう」
 
閑話休題
twitterはじめました。
よろしくおねがいいたします。
 
ブログ担当 田中秀明
 

誰かと一緒に。

2019-04-12
おはようございます。
4月12日、金曜日になりました。
 
このブログの毎日のテーマである
「職場の教養」(一般社団法人倫理研究所発行)
に基づいた記事。
 
本日は「誰かと一緒に」
 
孤独を愛する人もいます。
しかし、その、愛するという気持ちを伝える誰かがいないことは
淋しいものでいでしょうか。
 
孤独というのは、価値観が共通する相手がいないという事であると思います。
 
その価値観を共有する相手がいることは幸せに対して大きな比重をもつでしょう。
 
家族というものは、その「共有の価値観」をはぐくみ、伝えていく環境として、このうえない場であると思います。
 
そこで得た価値観、幸せを次の代だけでなく、ご先祖様にも伝えることができれば、自分を中心円と描いた世界はより良いものになるでしょう。
そしてその円とふれた家族、友人などにその幸せが波及すれば世の中は良いものになっていくでしょう。
 
そこで一番大事なものは「感謝」で有ると思います。
思うだけでなく、伝える「感謝」大事にしていきたいものですy。
 
今日の心がけ。
「家族の支えに感謝しましょう」
 
閑話休題
Twitterを始めました。
フォローしてくださるとうれしいです。
宜しくお願い致します。
 
ブログ担当 田中秀明
株式会社八代プレハブ
〒869-5151
熊本県八代市敷川内町2469-2
TEL.0965-32-0515
FAX.0965-32-1526
プレハブ製造販売施工/ユニットハウス リース販売/ 小住宅/事務所/ 勉強部屋/工場/店舗/ガレージ/倉庫等の工場生産型建築全般/エクステリア商品/太陽光発電システム販売施工/リフォーム工事/増築
TOPへ戻る